「仕事を辞める」は会社にいつ言うべき?最適なタイミング

「仕事を辞める」は会社にいつ言うべき?最適なタイミング

この記事で分かること
  • 仕事を辞めることを会社にいつ言うべきか
  • 辞めるために最適なタイミングや伝え方
  • 円満退職をするためのマナー

仕事を辞めるタイミングを決定することは、職業生活において重要な判断です。特に「いつ」上司に退職の意思を伝えるかは、多くの悩みを生むテーマです。

この記事では、退職のタイミング、上司への伝え方、そして円満退職へのステップに焦点を当てています。会社の就業規則に基づくタイミング、退職の適切な伝達方法、転職活動のスケジューリングといった各段階での重要ポイントを網羅しています。

これらの情報を活用すれば、仕事を辞める際の不安や疑問を解消し、円満退職に向けた明確な道筋を描くことができるでしょう。

この記事の著者

キャリアハック総研-所長

しうけん

キャリアコンサルタント

大手企業の採用担当・金融機関・IT企業・不動産会社など、自身でも転職を複数回経験した経験を活かして、人材コンサルとして活躍中。

仕事を辞めるタイミング:最適な時期はいつ?

仕事を辞めるタイミング:最適な時期はいつ?

仕事を辞める最適なタイミングは個々の状況や目的によって異なりますが、以下の観点から適切な時期を考慮することが重要です。

会社の就業規則に基づく辞めるタイミング

退職に際しては、まず自身の就業規則を確認することが基本です。

就業規則では、退職の手続き方法、定年制度、懲戒・解雇の規則、競合先への転職に関する規定などが定められています。特に、退職の申し出を希望退職日のどのくらい前にすべきか、転職先が競合企業である場合の取り扱いなどは、確認しておくべき重要なポイントです​​。

就業規則で分からないことがある場合は、先に転職していった同僚に注意点など無いか聞いてみても良いでしょう。

退職日の1〜3カ月前が基本:なぜこの期間が重要か

転職活動にかかる期間は一般的に3~6カ月とされています。そのため、辞める時期を決めたら、その3~6カ月前に転職活動を開始することが推奨されます。

特に長期休暇を挟む時期は選考が滞りがちであるため、長引く可能性を考慮してスケジュールを組むことが大切です​​。

半年ほど前から転職活動で動いて、内定先が決まってから会社に2~3カ月ほど前に伝えるのがベストです。1カ月前だと引継ぎが間に合わない場合もあるので、自身のタスクとスケジュールを見ておきましょう。

業界や職種による辞めるタイミングの違い

仕事を辞める最適なタイミングは業界や職種によっても異なります。プロジェクトが一段落するタイミングや年度末などが円満退職のための適切な時期とされます。

プロジェクトの進行中や繁忙期に離脱することは、メンバーに迷惑をかける可能性があるため、避けるべきです。また、転職市場の状況やプライベートの事情も考慮に入れ、求人の多い時期や家族の事情、経済的な状況などに基づいてタイミングを検討することが重要です​​​​。

仕事を辞める時の上司への伝え方

仕事を辞める時の上司への伝え方

直属の上司へのアプローチ方法とタイミング

直属の上司に退職の意志を伝える際には、以下の方法とタイミングが重要です​​​​:

  • 声のかけ方: 「今ちょっとよろしいですか?」という言葉遣いで、周りに人がいない会議室などの個室に呼び出す。
  • 適切なタイミング: 退職を伝えるのは業務時間外が理想的。昼休みや就業後など、周りに人がいない時間帯を選ぶ。
  • 対象: 退職の話は直属の上司に伝える。直属の上司が主任・リーダークラスで人事の決済権を持っていない場合も、まずは直属の上司に伝える。

自分にとっては緊張するイベントですが、上司は案外慣れていることが多いので、そこまで緊張しなくても良いでしょう。

円満退職のためのマナー

円満退職を目指す際には、以下のマナーが重要です​​​​:

  • 退職の切り出し: 最初の言葉は「一身上の都合で退職したい」と伝える。退職理由や時期は引き止められにくい内容にする。
  • 退職理由: 会社が対応できない理由を挙げる。待遇への不満は避け、給料上げる等の引き止めにつながる可能性がある話題は避ける。
  • 退職時期の伝達: 「◯月中に退職したい」という目安を伝えるが、具体的な日程は上司と相談ベースで決める。

メールでのアポイントメント

在宅勤務など直接話す機会がない場合、メールでアポイントメントを取ることも可能です​​:

  • メールでのアポ取り: 直接話すのが難しい場合、メールでアポを取ることができる。ただし、退職に関する言葉遣いを避け、普段通りの連絡を心がける。
  • メールの内容: 退職に関して直接話す必要があるとき、メールで「今週中のどこかで少し時間をいただきたい」と伝える。

これらのポイントに注意し、適切に上司に退職の意志を伝えることが、円満退職につながります。

退職前の準備:円満退職へのステップ

退職前の準備:円満退職へのステップ

退職意向の伝達前に準備すべきこと

退職を考えたら、まず退職前に自分の意思やビジョンをしっかりと考えることが重要です。退職してからの後悔を避けるため、転職活動の時期やスケジューリングを計画的に行い、在職中の転職活動をおすすめします。

離職期間が長くなるとお金の心配や焦りから不本意な転職のリスクも考えられるため、退職しやすい時期から逆算して転職活動のスケジュールを立てることが推奨されます​​。

転職活動と退職のスケジューリング

退職の意思が固まったら、会社にその旨を伝える準備をします。退職の意思は退職希望日の1カ月半前までに伝えるのがベターです。業務の繁忙期やプロジェクトの進行期間、人事異動の直後など会社に負担をかける時期は避けることが望ましいです。また、退職の意思表示をする時期は就業規則に定められている可能性もあるため、事前に確認しておくと良いでしょう​​。

退職の意思を伝える前の重要ポイント

退職の意思を伝える際には、切り出し方が重要です。まずは直属の上司に対してアポイントを取り、退職の話をする環境を整えます。退職の話を始める際は、「突然で申し訳ございません」と切り出し、「退職させていただきたく、今回お時間をいただきました」と伝えます。

そして、退職の強い意思を丁寧に伝えることが重要で、あいまいな伝え方は引き止められる可能性があるため注意が必要です​​。

これらのステップに注意し、計画的に準備を進めることで円満退職へと導くことができます。

まとめ

仕事を辞める際の最適なタイミングを見極めるためには、会社の就業規則、退職を伝えるべき時期、業界や職種による特性を考慮する必要があります。

また、上司への退職の伝え方には、直接的なアプローチ、マナーの守り方、在宅勤務時の適切なコミュニケーションが重要です。退職前の準備段階では、転職活動のスケジューリングや退職意向の確固たる固め方が必須です。これらのポイントに留意することで、円満な退職が可能となり、次のキャリアへのスムーズな移行が期待できます。

コメントはお気軽にどうぞ